« 彩雲国物語 | トップページ | 寒いー »

2006年12月 5日 (火)

TM NETWORK

雨宮さんのお返事で共にTMファンとわかり、
かなり喜んでおります。
同士が!!!


お若い皆様はどれくらいご存じなんでしょうか。

TM NETWORKですよ?

T.M.Revolutionじゃありませんよ?
西川君も浅倉さんにより生まれ出た事を考えると関係者かもしれませんが。


ファンになったのはもう20年近く前だと思われ。
・・・うはぁ古っ・・・。

完全にはまったのは、
アニメシティーハンターのED「Get Wild」でしょうか。

未だGet Wildのイントロ始まるだけで気分が「うおぉぉ~」となります。

その前に出された曲も色々好きでしたが、
やはり私の中では代表曲。
そしてこの曲は何度も変えられ未だ小室氏の大切な資金源と思われます(爆)。

当時は学生でお金もなかったため、
CDをレンタルしテープに落として聞きまくってました。

思い出深い曲というか映像と言えば、
「DIVE INTO YOUR BODY」。

修学旅行中見た音楽番組に出演したTMは、
当時まだバカでかいシンセ機器を哲ちゃん(小室)を操り、
サンバの大量の女性達に囲まれながら、
意気揚々とウツ(宇都宮)が踊っていたシーンが記憶にこびりついてます。
(木根はどうした)

アルバムは「EXPO」は色々思い出ぶかいなぁ。

なんせ自分の誕生日に発売されたので、
学校帰りに速攻買いに行き(予約特典をもらった)、
文化祭用の本制作の締め切りに追われていたことを思い出します。

この中の曲ではやはり当時騒ぎになった?「Crazy For You」。

伊集院光が高らかに笑っていて、
内容もそりゃぁウツとのセクシーな会話が、
どれだけ若い心に刺激的だったか・・・。

TMのラジオで良くこのパロを本人達がやってたっけ。


1994年解散コンサートは奇跡的にチケットをゲットし、
最初で最後のTMコンサートを、


アリーナ席前から10列目(確か)で見ましたよ!!!!


このチケット、
朝5時から並んで発売と同時に瞬殺で完売したのですが、
もちろん私と友人は取ることが出来ず、
友人と落ち込んで帰っていたら声をかけられました。
「チケットいらない?」と。

どうやら二人の女性本日チケットゲットしたそうですが、
ファンクラブで購入したチケットの方が席が良かったので、
定価で譲るとのこと。

大喜びで感謝感激しながらチケットを購入。
よくよくチケット見たらアリーナ、
それも10列目(それくらい)だったという二重の感動を経験しました。

大抵の運はそこで使用したと思われます。

でも良く見えたー、さすがアリーナ・・・。


わー書ききれないーココで無理矢理終了しよう。

まぁ何度結婚離婚繰り返し偏食がだいぶ治ってきた小室氏と、
当時は声でファンが大量に失神したウツも、
何だかこの頃年齢を凄まじく感じていても、
木根さんの真実知ってかなりショック受けても、
彼らの歌は青春です・・・うん。

|

« 彩雲国物語 | トップページ | 寒いー »

コメント

こっちにもお邪魔しまーすv
小室先生がトロ食べてるという話を聞いたときには、そりゃあもうショックでした…。
知らずに食べたサーモンで吐いてた先生がー!(感涙)

思い返せば、木根さんの本だとか、ベストアルバムだとか、写真集だとか、ボックスだとか…たくさんお金を使ったものです。
そして、未だに捨てられない(笑)
トモコさんは終了コンサート行かれたんですね!羨ましい~!
私も一度くらい生で三人を見たいですわ…。
東京にいるんだから出会わないかしら。
多摩あたりで張ってればどうだろう(無い無い)

偶然にも今朝、旦那から「TMってどういう意味?」と聞かれた雨宮でした♪

投稿: 雨宮りんご | 2006年12月14日 (木) 23時11分

えぇ小室氏、
佐賀(でしたっけ?)の地で体内活性されているようですね・・・。
昔は不健康な割に毎度毎度音楽機器ぶっこわして、
もったいないお化けに祟られるんじゃないかと心配してましたが。
(現在あるいみ祟られている気がしなくもないですが)

木根さん関連素晴らしい投資の数々!
キャロルを高河ゆんがイラスト書いたときはぶったまげました。

ウツも何度もバンド組み直しては解体しを繰り返しているので、
色々と大丈夫だろうか・・・とハラハラしております。

私は友人から「よく変な芸能人ばかり会うね」とかわいそうな眼で見られています。
ちゃんとした芸能人もみてるやい!
と叫んでみたり(爆)。
私も多摩で熊に襲われないように頑張って待ってみようかしら・・・。

是非ご主人にTMという名の奥深さを語ったて下さい(笑)。

投稿: トモコ | 2006年12月16日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彩雲国物語 | トップページ | 寒いー »