« 「フルーツバスケット22巻」感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを② »

2007年1月29日 (月)

執事喫茶でリベンジを①

執事喫茶・・・。
それは苦い苦い思い出・・・。
ていうか思い切り待たされたことと、
思ったより話せなかった思い出・・・。
(いやあんたは一人話しかけてただろう)

またも涼子さんが予約をして下さり、
二度目のご帰宅を果たすことが出来ましたv。

当日、勢いあまって待ち合わせの時刻より早めに着いたのですが、
そこには既に涼子さんが到着済み!

そして集合時間には余裕で皆様お揃いに。

さすが氷室学級の生徒。
5分前集合は当然です。

今回ご帰宅するお嬢様は、
涼子さん・平●均さん・雨宮さん・藤村さんと私の5名。

藤村さんはGSの時「氷室先生をBarで語る会」(名称がうろおぼえ(汗))を、
催して下さった方です。
えぇ私も、もちろん参加しましたとも!
あの頃は氷室先生まっしぐらでしたからね・・・。

さーて予約時間ジャストに到着。
おぉ!階段下に椅子が!
そして案の定地下におりる階段に待つお嬢様方。

そして、
いたー!必殺技が、
はにかみ笑いで「申し訳ございません」を繰り出す、
ドアマン君!!
何か嬉しさを感じたり。

さーて今回はどれだけ待たされるかなー。
と覚悟の上行きましたが、
なんと!15分も待たないで入れました!

やはり執事達をト・ヨ・タに入れて訓練させた甲斐がありました・・・。
やれば出来る子達だと信じていましたよ・・・・。(うるさい)

さてドアが開き出迎えてくれたのは、
私の高校時代の担任に何かが似てる、
サラサラヘアでほくろがチャーミングな執事T。

そしてフットマンはシャープな頬で細身高身長、
しかし表情の硬いO。

そして案内された席はやはり、
前回と同じ一番奥の暖炉の前の席。
どうやら大人数はこちらのようです。

ではこの続きはまた。。。

|

« 「フルーツバスケット22巻」感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「フルーツバスケット22巻」感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを② »