« 「ブリーチ」アニメ感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを① »

2007年1月27日 (土)

「フルーツバスケット22巻」感想

日曜日はまた涼子さんにおんぶに抱っこで、
執事喫茶リベンジの会が催されます(勝手に命名)。

英会話の先生に「週末butlercafe(執事喫茶)に行くのv」
と話したら「そこはどんな場所なの??」と訪ねられ、
英会話能力がないので電子辞書駆使して伝えました。
・・・他の生徒さんも驚いていたなぁ・・・。



てっきり今回で最終巻だと思っていたのに、
23巻で最後なのですね。
うーんコミック派なのであと残りどれくらいかわからないのですが、
1巻分も残っているのかなぁ?
よくあるけど(フルバも)一巻のうち三分の二が違うお話、
ってことになるんでしょうか(汗)


22巻表紙は透パパこと本田勝也様・・・。
(パパだよね!?表紙パパだよね!??)


22巻内容。

みんな通常の人間になりました。
めでたしめでたし。


(・・・まだ終わってないから・・・)


まぁまた由希が腹黒王子まっしぐら、
ということと、
久々に利津が出てたということでしょうか・・・。


22巻の私的ポイント♪

「師匠」!!!

師匠はとうとう咲の魔の手・・・いや術中?にはまり、
確実に師匠宅を掌握。
それをすんなり受け入れている師匠。
そんな状況を見せつけられどん底に落ちる夾・・・。

咲を「お袋」と呼ばなければいけなくなるのか!?
と混乱した状態で考えそうです、夾なら。
それをみた透も、
咲のことを「お義母様」と呼ばなければいけないのでしょうか!?
と二人して混乱しそうです。
・・・この二人誰かツッコミ役いないといけない気がする・・・。


そして一番素敵だったコマ。

やはり「師匠」(爆)

第128話にある挿絵?が思い切りツボ。

「ししょー、リミッター解除」

もうリミッター解除という言葉でトレス愛の私は喜びますが、
それをあの師匠が笑顔でリミッター解除する姿は最高です。


フルバは「この人ラブっ!!」
とのめり込むキャラがいないのですが、
私的上位の一人は突如現れ上位の座をかっさらって行った、
「透パパ」でしょうか。

だって先生だし眼鏡だし性格曲がっているしv

それまでは「はとり」「師匠」が上位だったのですが。

やっと3月頃発売の最終巻でフルバ購入の旅は終了です。


さーて明日はオンのお嬢様方と2度目のご帰宅よ!!

|

« 「ブリーチ」アニメ感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブリーチ」アニメ感想 | トップページ | 執事喫茶でリベンジを① »