カテゴリー「若王子会話集」の記事

2006年9月17日 (日)

若王子先生特別会話集⑦

攻略本を見て、
まだ行っていない課外授業がいくつかあり、
それも特別会話があるとしり愕然としています。

ほとんど先生は課外授業出たと思っていたのに~。



今回は外出での先生との会話を。




【自炊に挑戦(繁華街)】


若「○○さん。
   大丈夫、大丈夫。
ヒ「え?
若「先生、今日は校外指導じゃないです。
   大丈夫。
ヒ「はぁ、なるほど・・・。
  若王子先生、今日はお買い物ですか?
若「そうです。
   買い物と言うよりは買い出しですけど。
  実は、近所の定食屋さんが海外旅行で
  一週間店を閉めちゃうので、
  しばらく自分で夕食を用意しようと思って。
ヒ「それは大変ですね。
  (ここのヒロインのセリフを書き忘れ(滝汗))
若「作ると言うより、主にツナの缶詰ですね。
   ご飯にかけて食べます。
ヒ「あの、一週間ですか?
若「まぁ、そうです。
ヒ「・・・・・・。
若「あ、鯖の缶詰も買いますよ?
ヒ「若王子先生、わたし、一緒に献立を考えましょうか?
若「やぁ、それは助かるな。
(若王子先生、早く結婚したほうがいいかも)





☆ツッコミ


絶対的に先生の策略です。
家事の出来ない無邪気な男を演じて、
ヒロインの母性本能をくすぐりました。





若「じゃぁ献立どこで考えましょうか?
ヒ「うーんそうですね・・・。
若「家に何の食材かあるか覚えてないし・・・。
  そうだ!これから僕の家に来ませんか!
  何があるかわかるし、ゆっくり献立を練れます!
  一石二鳥です!!
ヒ「・・・・え、あ、はい。(一石二鳥?)


こうしてヒロインは先生のお家に初訪問。
先生が一石三鳥と考えていたとはつゆ知らず。



(献立決定後)



若「ありがとうございます。
  君がいてくれて良かった。
ヒ「いえ。
  お役に立てて何よりです。
若「あ!
ヒ「どうしました?
若「献立は決まりましたが、
  作り方がいまいちわかりません・・・。
ヒ「(どうしてあんな捨てられた子猫のような眼が出来るのだろう・・・。)
  ・・・わたしで良ければ、作り方も教えましょうか?
若「本当ですか!?
  とても助かります!
  あ、でももう時間も遅い・・・。
  どうでしょう?明日の放課後改めて教えに来てくれるというのは。
ヒ「あまり遅くならないなら良いですよ。
若「もちろんです!



こうやって気が付けば料理教室と称し、
毎晩若王子邸で共に夕食を作り、
そのまま「一人で食べるのは寂しいです」と
言わんばかりの目で訴えられ、
ずるずると一緒に夕食を取ることに・・・。

ヒロインが既に敵の策略に堕ちていることを気が付くのはいつの日か・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

若王子先生特別会話集⑥

いやもう既に先生との会話集と化しているな・・・。
でも良いの。

先生との会話が私にとって全て特別なのだからv(逃走)。




【スキー合宿(友好)】


若「○○さん。その転び方はブ、ブーです。
  怪我をするよ。大丈夫?
ヒ「あ、若王子先生・・・。はい、なんとか。
若「でも、このまま放っておくとちょっと心配です。
  レクチャーしましょうか?
ヒ「えっ、若王子先生が教えてくれるんですか?
若「えっへん。こう見えても、そこそこ上手いです。
  君ひとりくらい、増えても平気。
ヒ「え・・・?
女生徒A「若サマ~~、おいてかないでくださーい!
女生徒B「わたしにも教えて~~~!!
若「ちょっと待ってください。すぐに行きます。
女生徒達「はーい、若王子先生v
若「・・・というわけで、スキー講座を開講中です。
  君も一緒に、どう?
ヒ「は、はい。ぜひ、お願いします!

*********


(若王子先生のスキー講座で転び方が上手くなった。
  ・・・・楽しいスキー合宿だったな。)




★ツッコミ

このイベントは確か友好くらいだったと思うのですが・・・。

最初先生からレクチャーのお誘いあったとき、


「きゃー!先生と二人きり、二人きりで、
          手取り足取り・・・v」



と思ってたら、


・・・修学旅行と同じオチかよ・・・(撃沈)。




先生は絶対スキーは「生きるため」に覚えたものと思われます。

むか~しの板スキーを手作りで作って、
そのスキーでウサギとか捕りに行ってたに違いない・・・。
そりゃ食料探すために滑りまくっていれば、
そこそこ上手くもなりますな・・・。


「やや、今のスキーの板は良く滑りますね。
 僕のころは板を紐で足とくくりつけて滑ったものです。」


とか感心しながら滑っていそうです。



ヒ「・・・先生、それはストックではなくて槍では?」
若「はい。どちらにも使えて便利ですよ?」



・・・先生と狩りがしたい今日この頃・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

若王子先生特別会話集⑤

今回は補習の会話を。



(ハァ・・・ちっともわかんない。
 どうしてこんな難しいこと覚えなきゃならないんだろ・・・。)

ヒ「あ、若王子先生。
若「どうですか?はかどり具合は。
ヒ「それが、その・・・
若「やれやれ。
  「ほら、できました。じゃぁ次だ。
ヒ「はい。
若「・・・・。
ヒ(若王子先生、すごく楽しそう・・・。)
  (やっぱり子供の頃から勉強好きだったのかな・・・。)
若「どうかした?
ヒ「あ、いえ!あの・・・若王子先生は、
  学生の頃から勉強が好きなんですか?
若「勉強は、嫌い?
ヒ「う~ん・・・やろうとは思うんですけど、
  向いてないのかも・・・。
若「そうかな。・・・本当に?
ヒ「う~ん・・・。
若「先生は、学ぶことが好きだよ。
  何かを理解するたびに、純粋にうれしい。
  「役に立つとか立たないとか、そんなこと、どうでもいい。
  「ただ、学べば学ぶほど、君は豊かな人間になる。
   これは本当のことだ。
ヒ(豊かな人間か・・・。)

若「○○さん。
ヒ「はい!
若「目を見て。
ヒ「は、はい・・・。
若「がんばれ。君はできる。
  先生を、信じてほしい。
ヒ「はい・・・。
 (あれ?力がみなぎってくるみたい!!)


*************


若「はい。今日はこれでおしまい。
ヒ「若王子先生、ありがとうございました。
若「どういたしまして。
  いつでも・・・あ、いやいや。
  補習にはもうならないように。
ヒ「はい!






えーと今回は辛抱ならずにココでツッコミを。


先生が登場して「ほら、できました」といってるのは、


・・・先生が答え書いてるんでしょうか???



私は最初


(このままじゃずっと時間かかりそうだから僕が書いちゃいましょうか)


ぐらいの勢いで先生が自分で問題解いて答え書いてるのかと。


先生、
後で偉そうに(いや良いこと言ってるんですが)言うのなら、



・・・解き方教えましょうよ・・・・。



ちなみに先生は暗示(黒魔術にあらず)をかけられるようです。
この時点で一人女生徒が魔の手に落ちました(違)


にしてもこのスチルは良いです。
先生が椅子に後ろ座りで座り、
自分の机の前に先生です。

教室には(絶対に)二人きり(この状況もどうよ、学校として)。

・・・間違いなく先生を押し倒しそうです(爆)。

あ、本来、押し倒されるのが理想ですが(もうやめとけ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

若王子先生特別会話集④

世間がお祝い一色でも、
私の頭の中は通常営業でGS2一色・・・。




【文化祭(手芸部3年)】


若「やあ、○○さん。
ヒ「あ、貴文さん!
  見に来てくれたんですね。
若「や、これは可愛い花嫁さんだ。
  ・・・まさか花婿さんは出てきませんよね?
ヒ「はい、今日のステージは女子ばっかりですから。
若「それなら一安心です。
  妬かずに済む。
ヒ「えっ?
若「や、なんでも。
  それより出番ですよ。
  ○○さん、行っておいで。
(貴文さん、何て言ったんだろう?
 ・・・・あ、そろそろ始まる。
 よーし、がんばらなくちゃ!)


***************


(やったね、大成功!)
若「○○さん。
ヒ「あ、貴文さん!
若「とても綺麗でしたよ。
  先生、隣りに立ちたかった。
ヒ「え?
若「ホラ、この白衣が、
  フッロクコートに見えるでしょう。
  ・・・・見えますよね?
ヒ「それは・・・・どうでしょう?
若「ダメでしたか。 
  じゃ、次は本物を用意しなくちゃ。
(貴文さん・・・・?)




【バレンタイン(ときめきで高級チョコ)】


若「○○さん、待ってました。
ヒ「はい?
若「や、こっちのことです。
   えーと・・・・なんでしょう?
ヒ「はい!これ、
  お待ちかねのバレンタインチョコです。
若「や、これはまた・・・
  ずいぶん高級そうな義理チョコだ。
ヒ「えっ!?あの、
  結構フンパツしたんですけど・・・。
若「先生、義理チョコしか
  もらっちゃいけないことになってるから。
  でもこれは、特別な義理チョコだ。
  学校中のチョコ全部と
  取り替えてくれるって言われても交換しない。
ヒ「はい!
(よろこんでくれたみたい。)



【デート中チョップをしてみる】


若「おっと。どうしました?
ヒ「えっと、あの・・・。
若「スイマセン、景色ばかりみてて。
  ちゃんと君も見てますよ。
(貴文さん・・・v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月31日 (木)

若王子先生特別会話集③

えー本日2年生3月現在、


見事、先生がときめきました!!


後は瑛をときめき状態に持っていかなくてはなりません。
けど先生が瑛とデートするとすぐ傷心状態になるので難しい・・・。

なので今の攻略で新たな会話を追加します。




【手芸部学園祭2年目(先生:友好)】


若「マドモワゼル?
ヒ「え?
若「振り向きましたね?
  自分のことだって思ったんだ。
  ピンポンですね?
ヒ「うっ・・・ピンポンです。
若「そう、君はドレスをまとったマドモワゼルです。
  ステージなんか怖くない。
 「リラックスですよ。
  行ってらっしゃい。

***********

若「お疲れ様、マドモワゼル。
ヒ「あ、若王子先生!いかがでしたか?
若「とってもキレイでしたよ。
  一曲、踊ってほしいくらいです。



【キスについて(先生と事故チュー無し)】

ヒ「貴文さん、あの・・・
  キスについて聞きたいんですけど・・・。
若「キス・・・キスですか・・・。
  つまりー
 「先生とキスしたい。
  ピンポンですね?
ヒ「ブ、ブーです・・・。
  あの、どう考えてるかとか、そういう感じで。
若「あぁ、なるほど。そうですね・・・。
  「文化圏によっても違うし、
   人によって考え方は違うでしょうけど、
   やっぱり、大事なことだと思います。
  「特に、本当に好きになった人と
   初めてするキスは。
  「だって、それを幸せに感じない人って、
   いないでしょう?
(本当に好きになった人と初めてするキスか・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若王子先生特別会話集②

今回は特別会話というよりは、
先生との会話を抜粋。

ちなみにぼろぼろ抜け落ちてると思われ・・・。

※本日2回目初詣を編集しました



【ときめき修学旅行】

女生徒に捕まる先生
若「あ、いや・・・困りました。」
ヒ(あんまり困ってなさそう)

若「じゃぁ、ちょっと行ってきます。


先生が戻らないため一人で観光し、
地主神社にいると先生登場。

そしてホテルに戻って、
あさっての予定について。

若「よかった。
  出してないことにしようかと思ってた」



【初詣】

ヒ「迷子になりそう・・・
若「そんなことさせない。
  ○○さん、手を貸して
ヒ「えっ・・・?
若「僕が手をつないでる。
  このまま離さないから。
  「これで大丈夫。
   さぁ、お参りに行こう?

お参り終了後、

若「やっと歩きやすくなった。
  君、大丈夫だった?
ヒ「はい、若王子先生が手を引いてくれてたから・・・
若「それなら良かった。
  ・・・今日はこれで終わり?
ヒ「えっ・・・?
若「家まで送ります。
  おまけのデートです。



【下校先生よりお誘い】

若「噂されてみます?
 「や、冗談です。
  一緒に帰りませんか?



【追加アプローチ「見つめる」】

若「・・・キレイな瞳。

 「うん、君がキラキラして見える。

 「ダメです。
  僕の瞳は見ないで下さい。




・・・あぁ突っ込みたいことが一杯・・・。

今事故チュー佐伯くん、
本命若王子先生で2年5月まできていますが、


・・・先生がにこりともしてくれん(志波の悪夢再び)。


このままでは修学旅行は友好状態の佐伯君になりそう。

それにしても若王子・佐伯・志波以外誰も攻略せず、
特定のキャラばかりやり続けるってどうなのだろう・・・。

先生、必死に何十回とリロードして下校やっと誘ったのに、

・・・断らないで下さいよ!!!(号泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

若王子先生特別会話集①

新しいメモリーカードで先生の攻略を始め、
他にクリアしたものが入っているカードに最後入れたところ、


今回の先生攻略ED以外全て消え失せました・・・。

一応大抵3年末のデータがあるのでやり直しです(遠い目)。




先生特別会話集第一弾を。
ただし少々抜けてたり、
うろ覚えだったりします・・・。
若(若王子)ヒ(ヒロイン)



【遊覧船】

若「海の上から見る街は、
  いつもと違って見えますね。
ヒ「若王子先生にはどう見えますか?
若「そうですね・・・かわいらしく見えます。
   作り物みたいに。
ヒ「作り物・・・ですか?(注:これはうろ覚え)
若「うん。あの街に住んでいるんだ、っていう実感が、
  あまり湧いてこない。
ヒ「そんなこと・・・
若「ハハハ、変かな、やっぱり。
  「・・・まぁここでダメなら他の所に行けばいいし。
ヒ「えっ・・・!?
若「・・・や、何でもないです。
  あ、そろそろ船着き場だ。



【空中庭園】

若「僕たち周りからはどう見えてると思う?
ヒ「恋人同士とか・・・
若「・・・・・・・。
ヒ「あ、あの・・・・すいません。
若「どうして?
ヒ「困らせちゃったかと思って・・・。
若「うん・・・・困った。
  「でも、君のせいじゃない。
   僕の・・・先生の問題です。
ヒ「問題、ですか・・・・?
若「まぁね。やや!望遠鏡発見!
   行ってみよう!


【ダーツ】

ヒ「ど、どんな生活してたんですか?
若「そう昔の話じゃないです。
  ちょっと世捨て人にになってた時期が
  ありました。
ヒ「世捨て人、ですか・・・?
若「うん。お金も無かったから、
  お店にも行けなかったんです。
  「今は先生してるからこまらないけどね。
   あの頃は、何でも食べました。
  「ウサギさん、ヘビさん、その他もろもろ、
   ありがとう。・・・・合掌。


【花火大会】

若「・・・綺麗だった。
  こんなにいいものと知っていたら、
  もっと前から見に来れば良かった。
ヒ「わたしからは誘えなかったから・・・。
若「そうだったんですか・・・。
  僕が先生だったから遠慮してたんだ。
  スミマセン。
ヒ「そんな、先生のせいじゃ・・・。
若「ありがとう。・・・君は優しいね。
ヒ「貴文さん・・・。
若「最初で最後の花火大会にするつもりだったけど、
  ちょっと惜しくなったな。
(最初で最後・・・?)


【課外授業:海】

ヒ「なくした愛の化石があります!
若「えっ?
男子生徒A「おっ、メロドラマスタート!
男子生徒B「若チャン、そのまま
        口説いちゃえ!
若「や、そういうのじゃないです。
  みなさん、落ち着いて。
ヒ「すみません、変な冗談言って・・・。
若「うん、ちょっとビックリしました。
  ・・・・でも、その化石が君の物だったとしたら・・・
  「なくした感情にすがるより、
   新しい恋に生きたほうがいい。
   ・・・違いますか?
(貴文さん・・・?)



次は特別会話というか、
先生との会話を抜粋して・・・。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)